noto色 - のとキリシマツツジ

のとキリシマツツジとは?

ツツジ科ツツジ属。
愛好家の手により品種改良を重ね現在に至る。
開花時期は4月下旬~5月中旬。そのうち、花の見ごろは7~10日間程度と短い。
満開になると、遠くからでも存在がわかるほどの深紅色の花びらが特徴的で、葉っぱが見えなくなるほど密集して咲く。
花びらの色は深紅色のほかに薄赤色や赤紫色があり、花びらの形も一重咲き、二重咲きなど6種類ほど確認されている。「谷を一つ越えると違いがある」といわれている。
愛好家は、見事な花を咲かせるために年間を通じて大切にお手入れをしている。その姿はまるで我が子を守り育てるかのよう。育ての親がいないと1年ももたないともいわれている。

のとキリシマツツジについて、さらに詳しく知りたい場合は以下のサイトをご覧ください。

オープンガーデン情報

オープンガーデンとは個人の庭などを一定期間公開する活動です。
平成27年は60箇所でお庭を公開します。
それぞれのお庭の情報は、下記からご確認ください。

オープンガーデン情報を見る

のとキリシマツツジ オープンガーデン2016
オープンガーデン
2016パンフレット
【PDF:9.07MB】

オープンガーデン情報が掲載されたパンフレットは、能登空港など奥能登の道の駅やのと里山海道パーキングエリアなどで配布しています。
また、右のPDFファイルをご覧ください。
(PDF形式のファイルをご覧になるには、アドビ社のアクロバットリーダーが必要です)

百聞は一見にしかず!燃えるような深紅色を実際に目にしてください。

公開期間

平成27年の公開期間は、4月下旬~5月中旬頃です。
なお、それぞれのお庭の開花状況により、公開期間が異なる場合があります。ご了承願います。

のとキリシマツツジ開花情報

開花情報はA~N各エリア1軒のお宅の情報提供を基に、つぼみ・ちらほら・五分咲き・満開近し・満開・散り始め・公開終了・公開中止の7段階で発表します。
情報はオープンガーデン期間中の週2回、月曜日と木曜日を目安に更新します。
(※同じエリア内でも実際の開花状況は異なっている場合があります)
開花情報は下記の「オープンガーデン情報を見る」から確認できます。

オープンガーデン情報を見る

のとキリシマツツジオープンガーデンのお作法(観賞時の注意)

のとキリシマツツジのお庭を公開しているのは、ほとんどが個人のお宅です。
訪問するときは、おうちの方のご迷惑にならないよう、お作法を守って気持ちよく観賞しましょう。

訪問の際は

  1. 案内看板が置いていない場合や、公開期間が過ぎている場合の観賞は遠慮しましょう。
  2. 案内看板の注意書きに従って観賞しましょう。
  3. トイレは事前に済ませること。
    …家の中に勝手に入ったり、トイレの利用を申し出たりしないこと。
  4. 自動車で訪問する場合は周囲に迷惑をかけないこと。
    …道幅が狭かったり、駐車スペースが少ない場合があります。
  5. ペットを連れての観賞はご遠慮ください。
    …おとなしくてもご遠慮ください。
  6. 道に迷ったときはご近所の方ではなく、交番などの公的機関や観光案内所に問い合わせましょう。

お庭でのお作法

  1. 気持ちよくあいさつをしましょう。 …お互い気持ちよく観賞するために。
  2. 静かに観賞すること。
    …特に子供を遊ばせないこと。
  3. ヒールの高い靴で訪問するときはご注意を。
    …お庭とあなたの安全のため。
  4. お庭では通路以外に立ち入らないように。
    …植物が弱ります。
  5. 枝や花の摘み取り厳禁。
    …株分けをねだることもご遠慮ください。
  6. 写真を撮る場合は、おうちの方の許可を得ましょう。
    …むやみやたらに写真を撮るのは控えること。

帰るときには

  1. 芳名録(ゲストブック)にサインをしましょう。
    …おうちの方の元気の素になります。
  2. ゴミは持ち帰りましょう。